記事一覧
片付けができない人は5つのコツを頭に入れておこう!

片づけができなくて足の踏み場がなかったり、モノはそれほどないのに乱雑な感じがする、こんな悩みをお持ちでは無いでしょうか。机の上にはいつの間にやらモノがとり散らかっていたり、棚をみるととりあえず置き場所がないものを緊急避難させている。このようにうまく片付けが出来ないときは、少し戦略的に物事の考え方を少し変える必要がありそうです。誰もが生理整頓した快適な環境の中で生活したいものです。そこで片付けるためのコツを、幾つか御紹介しましょう。 部屋を片付けるときには、シンプルに考えることが解決の第一歩になります。シンプルに考えるというのは、目の前の事象の原因と結果の因果関係をシンプルに捉えることです。例えば部屋が散らかっているのが包装紙なのか、脱ぎ捨てた衣服であるのか、色々な原因が想定されます。ものが散らかり整理整頓ができないのは、原因となるものを放置したり持ち込んでいるから。原因となっている行為をシンプルに考えてあぶり出し、ひとつずつ直していく姿勢が大事です。一番シンプルに考えれば、物を置かないことです。物を置かないというのはあまりに自明の理ですが、案外実践するのが難しいのは、必要性の無いものまで好んで持ち込んでいるからです。机や棚を見回してください。つかわない・着用しないなど既に必要性を喪失したアイテムが放置されていないでしょうか。 物を置かない週間が実践できないなら、必要のないものを区別することを心掛けることが重要です。必要性の有無と言うのは個人の価値観が反映される部分で、容易なことではありません。必要のないものを区別するには自分なりの尺度で、ルールを設定するのがオススメです。例えば購入したもののワンシーズン一度も袖を通さなかったような衣服は、処分するなりオークションで売るなり処分する、こういった具合です。 しかし、整理整頓を目指すあまり無理を続けると反動がきます。長期的に整然とした部屋をめざすなら、完璧を目指さないこともコツのひとつ。完璧を目指さないとはいっても、漫然としたスタイルに戻れば元の木阿弥になります。部屋中が乱雑な雰囲気になったり物であふれたりするのは、増加する持込物が原因です。これ以上物を増やさないように、捨てる癖をつけることです。明らかに必要性の無いもの、例えばお菓子やパンなど食品の包装紙などは、食後はすぐさまゴミ箱に捨てる。とりあえず捨てる癖をつけることで、物への執着も消え整理されていくでしょう。

2019年08月26日
暮らしに役立つアプリ5選!日々の暮らしにプラスしよう

日々の暮らしの中で、遭遇する困りごとの解決に役立つのがライフハック的な機能を発揮してくれる各種のアプリになります。どのような問題を解決してくれるのかを知っておくだけでも、いざ困ったときに速やかに解決に至ることが出来るはず。そこで日常生活を過ごすなかで、困ったときに使える便利なアプリ5種類の特徴や内容を御紹介します。 家族の毎日の料理を作る立場にある方にとって、料理のメニュー作りは頭の痛い問題のひとつ。家族に希望を聞いても、「何でもいい」との返答に途方に暮れてしまう経験は誰しも一度はあるはずです。夕飯のメニューに困ったときに役立つアプリには、クラシルがあります。料理のレシピを紹介するというコンテンツ自体は、インターネット空間上で数多く公開されています。しかし、多くは開設の画像と説明文に調味料の一覧と分量が記載されているのがメインで、再現性の高さに問題があります。この点、クラシルは各メニューを1分程度の動画で分かりやすく解説してくれます。 また持病や健康対策のために食生活において、栄養バランスの取れたメニューに取り組んでいる方もいらっしゃるでしょう。栄養管理をきっちり実践したいときは、MENUSがオススメです。MENUSはプロフィールを提案するだけであなたの健康にとって、有益と判断した料理メニューを提案してくれます。 ところで暮らしのなかでは効率的に生活費の管理を実践することが大事です。家計簿Zaimはそんなシーンで活躍するアプリ。家計簿をつける習慣は、毎月の収支を明らかにし家計上の改善点を明らかにしますが、つい後回しにしがちです。家計簿Zaimは面倒な家計簿記入を簡単サポートするアプリです。料理作りは食材購入と表裏一体の関係にあります。少しでもやすい値段で新鮮な食材を手に入れるにはチラシの活用がポイント。シュフーは家計を預かる立場の方の強い味方になってくれるアプリです。シュフーを使用すると、お住まいの地域周辺のチラシ情報をたちどころに表示してくれます。 女性にとって毎月の生理が規則的に来ることはとても大事です。排卵日や妊娠しやすい時期や逆にしづらい時期や日々のたいちょうなど、何かと気にかかる問題ばかりです。そんな場面で役立つアプリがルナルナになります。ルナルナの特性は生理周期を予測する点にあります。妊活はもちろん生理前後の体調変化の目安に関する情報も見える化してくれるのがポイント。

2019年08月08日
節税して特産品がもらえる?今さら聞けない「ふるさと納税」について解説!

中央政府だけでなく地方自治体も厳しい財政事情にあえいでいる事情に変わりはありません。新たな税金を設けたり、税金滞納者への徴収を強化するなど地方自治体も色々と対策をとっていますが、芳しい成果が上がっていないのが現実。歳入を増やすための対策が急務とされていました。そのような事情を背景に登場したのが、ふるさと納税制度になります。寄附というと使途を定めることができず、お金を受領したサイドで自由に判断することができます。この点について、ふるさと納税は大きな例外となります。それというのも、この寄附においては使い道を指定することが出来るからです。例えば大規模な自然災害を応援したい趣旨で、寄付するときは災害復興などに使い道を指定することができる訳です。 ふるさと納税とは居住している自治体以外に対してお金を寄附することです。この制度の最大の魅力はそれぞれのご当地の特産品をもらえる点にあります。もらえる特産品は、地元の名産が大半ですが、なかには言質まで足を運ばないと入手できないものもあるので、高い人気を誇ります。 ところでふるさと納税が人気を集めるもうひとつの理由は、住民税や所得税の控除対象で場合によっては還付を受けることができる点にあります。それというのも、ふるさと納税制度では、行った寄附の金額に応じて、税金納税上の優遇措置が採用されており、自己負担額が2000円を超えている場合には住民税や所得税の控除・還付対象になっているからです。 しかしながら、ふるさと納税制度を利用して住民税や所得税の還付を受けるには手続きを踏む必要があります。具体的には大別すると確定申告を行う方法と、ふるさと納税ワンストップ制度を利用する方の二つがあります。確定申告を行う場合は、寄附した自治体から発行された受領書を添付して確定申告を行うことになります。その人の収入により控除額の上限がありますが、所得税の還付や住民税の控除を受けることが出来ます。これに対して、ふるさと納税ワンストップ制度を利用する場合には確定申告を行う必要はありません。寄附先の自治体にふるさと納税と行うと同時にワンストップ特例申請書を添付します。寄附先からお住まいの自治体に、納税額計算に必要な情報を送付することになるので、確定申告を行う必要がないわけです。自治体間でやりとりをしていますが、寄附したサイドから見れば一回の手続きで済ませることが出来るので、少額の方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

2019年07月23日
断熱フィルム?二重窓?窓断熱にはどんな方法がある?

省エネのために空調性能をあげるべく、外壁には各種の断熱材を設置することがよく行われています。外気と内部空間を隔てる壁面の断熱をすませておけば、万全の対策をとれていると考えされがちです。ところが一戸建て住宅の断熱を考えるときに、重要にもかかわらず忘れがちなのが窓に対策をとることにあります。そもそも熱には温度が高いほうから低いほうに移動する性質を持っています。このような性質があるので、夏場にエアコンで冷房しても高い外気温がどんどん屋内に移動して、気温を上昇させるように作用します。冬場は反対に外気の冷たい空気が屋内に引き込まれる傾向があります。窓は断熱性の薄いガラスで隔てられているだけ。その結果夏場には窓から熱のうち70%が屋内に流入することになります。そこで重要なのは窓断熱です。 窓断熱には幾つかの方法がありますが、効果が高いのは二重窓です。二重窓とは二枚のガラスを窓に設置することで、ガラス内部に空気の壁を作ります。熱を遮断するだけでなく防音性能にも優れます。価格は単板ガラスでも8万円弱とかなり高額です。 断熱ガラスは二重窓を設置するのと同等の効果をあげることを目指す方法になります。サッシはそのままにして複層ガラスに交換するというものです。断熱ガラスのなかには、外側ガラス部分に特殊勤続膜をコーティングしたタイプも。断熱ガラスはガラスの素材によって価格は異なりますが、2万-3万円ほどになります。 二重窓や断熱ガラスほど高額の費用を投入しないで、窓の断熱性能を上げる方法には断熱フィルムがあります。断熱フィルムは特殊なシートを窓に圧着する方法です。断熱フィルムには防音やガラスの強度を上げて飛散を帽子したり、屋外からの紫外線をかっとして家具やクロスの日焼けを防止する機能を備えてモノも用意されています。断熱フィルムの設置には、専門業者への依頼が必要で価格は、5万円前後です。 とにかくリーズナブルに済ませたい方には断熱用シートを張る方法があります。物品の移送時に衝撃を緩和するための、プチプチの緩衝材を御存知でしょうか。プチプチの内部には空気が含まれているので断熱効果を持っています。そこで断熱用シートのなかにはプチプチと類似した素材が使用されていることもあるほどです。断熱用はホームセンターでも市販されており、ガラスを水でぬらして圧着させるだけの簡単な設置方法です。断熱用シートの価格は3000円ほどです。

2019年07月07日
マイホームを建てたい人へ!ハウスメーカーを徹底比較してみた

夢のマイホームを手に入れるには、ハウスメーカー選びがポイントです。ハウスメーカーとは土地探しから一顧立て住宅のデザインや設計から建築までトータルで依頼できる住宅供給メーカー。CMや新聞折込チラシなどでも有名メーカーの名前を目にする機会が多いのではないでしょうか。ただしどのようなスタイルの一戸建てを得意にしているのか、採用している工法にはどのようなものがあるのか、メーカーごとに特徴があります。そこで代表的なハウスメーカーの特徴や工法・坪単価など気になるところを御紹介します。それぞれのメーカーの特徴を比較して、理想のマイホーム選びのために活用してみてください。 積水ハウスは、テレビCMでもおなじみですがハウスメーカーのパイオニア的存在と言えます。建築実績は200万戸をこえ年間売上高も2兆円を越えるなど圧倒的なブランド力と実績があります、一戸建て住宅なら木造住宅はもちろんEC構造三階建て住宅などにも対応しています。積水ハウスのトップブランドならではの工法として、シーカスを指摘することが出来ます。シーカスとは地震の揺れを軽減し建物の変形も予防にも役立つそう。積水ハウスの坪単価は、70-80万円ほどになっています。 セキスイハイムはハイムさんのCMでおなじみですが、ハウスメーカーとしては早い段階から工業住宅のポテンシャルに目をつけたのが特筆すべき事項といえます。資材のほとんどを工場で生産することで安定した品質で迅速に建築することを可能しました。セキスイハイムの坪単価は、65-75万円程です。 ミサワホームは、他のハウスメーカーに比較すると企画提案型のスタイルを得意にしています。プロならではの視線で設計がされるので居住後の満足度は非常に高いと評価されているほどです。ミサワホームの坪単価は、60-75万円となっています。 アイダ設計は、555万円で建てる家などリーズナブルな価格で一戸建て住宅を供給しているのが特徴のハウスメーカーです。ローコスト住宅で知名度の高いアイダ設計の坪単価は、30-40万円ほど。他のハウスメーカーに比較するとリーズナブルになっています。 住友林業は、木材製材供給を本業にしていただけに木造住宅には特に、定評があります。住友林業は木造住宅に特化しており、各工法に対応しているのが特徴です。特にビッグフレーム工法は設計の自由度が広いのに耐震性も高いのがメリット。住友林業の坪単価は、80-90万円ほどです。

2019年06月22日
田舎に移住したい人は必見!安い物件を探せるサイトを紹介!

首都圏を中心にした都市圏への人口集中傾向と、過疎がすすむ地方という構図は固定化している感がありますが、最近ではあえて田舎暮らしをする選択をする方も増加しています。豊かな自然や肌で実感する四季のうつろいや、都市生活では想定できないほどの広々とした住空間など、田舎ならではのライフスタイルに注目が集まり、都市部から田舎に移住するトレンドも徐々に広がりつつあります。しかし、いざ居を構えるにしても、縁もゆかりもない土地で適切な不動産物件を見つけるのは容易なことではありません。また単に憧れだけで移住に踏み切るというのも無謀な話です。南北に長い日本では、同じ国内でありながら気候も風土も大きく異なります。自分にとって最適の場所はどこにあるのか、豊富な物件情報などを比較対照しながら検討すれば、田舎暮らしに失敗するリスクも少なくすることも出来るはず。そこで田舎に移住したい方にとって役立つ情報満載で、リーズナブルに物件を探せるサイトの3つについて特徴やURLを含めて御紹介します。 田舎暮らし情報館は、日本全国の田舎暮らしに関する物件情報を、数多く紹介しています。古民家をはじめリゾートマンションなどの情報も掲載されているので、やや利便性の高い暮らしを地方でも求める方にもオススメできます。安心していなかで移住して生活できるように、役立つコラムなども掲載されているサイトです。田舎暮らし情報館のURLは、https://www.inakakurashi.jp/になります。 田舎ねっと.日本は、都道府県別やエリア別に古民家についての物件情報を豊富に網羅しています。それぞれの物件の間取りだけでなく、建蔽率や容積率な入居後のリフォームに役立つ情報も豊富です。また古民家の物件情報だけでなく、実際に田舎暮らしをはじめることを具体的にイメージできるように関連するコラムもリンクされているのがポイントです。田舎ねっと.日本のURLは、http://www.inakanet.jp/になります。 ふるさと情報館は、「田舎を求める都会人を支援する事業」を展開しており、その一環として都道府県別に古民家の紹介などにも積極的に取り組んでいるサイトになります。ふるさと情報館の特徴は実践的なサービスが充実していることです。購入申し込み証拠金を10万円振り込むだけで、現地案内など具体的行動をサポートしてくれます。ふるさと情報館のURLは、http://www.furusato-net.co.jp/です。

2019年06月11日